星野リゾート アートの旅

アートの旅

国内にある素敵な美術館と、
その周辺にある星野リゾートの施設を館内で楽しめるアート魅力と共に紹介いたします。

アートとふれあい、出会う、アートの旅に出かけませんか。

青森

あおもり犬 ©Yoshitomo Nara

青森県立美術館

北東北から芸術文化の発信をするために、青森県立美術館は三内丸山の縄文遺跡に隣接して建てられました。巨匠・シャガールの描いたバレエ「アレコ」の舞台背景画3点が常設展示されているほか、日本画や洋画、現代アートまで幅広い収蔵品があります。また、郷土作家の版画家の棟方志功、美術家 奈良美智、怪獣デザインの成田亨など、個性あふれる作品が常設されています。 青森県立美術館へ

界 津軽

まるで小さな美術館

館内には有名な絵画や美術品などを多数展示しています。なかでも、エントランスを抜けると広がるロビーに飾られた日本画の巨匠・加山又造の「春秋波濤」は圧巻。そのほかにも、ご当地の伝統工芸”津軽こぎん刺し”を展示したラウンジも。

界 津軽

十和田市現代美術館

アートを通した「新しい体験を提供する開かれた施設」として、Arts Towada計画の中核となる施設。国内外で活躍する33組のアーティストのアート作品展示のほか、ギャラリースペースや、カフェなど多様な機能を持つ美術館。 十和田市現代美術館へ

ロン・ミュエク《スタンディング・ウーマン》 撮影:小山田邦哉 Courtesy Anthony d'Offay, London

奥入瀬渓流ホテル

岡本太郎の「森の神話」が息づく温泉ホテル

Arts Cube 奥入瀬

日本を代表するアーティスト岡本太郎による巨大な暖炉の作品2点と色鮮やかな緞帳が実際に使用されながら展示されています。暖炉のひとつ「河神」は岡本太郎の遺作でもあり、彼の奥入瀬への深い愛情を感じ取ることができます。また、ホテル内に美術館の展示室をキューブにみたてた展示空間「Arts Cube 奥入瀬」を設け、季節ごとにさまざまな現代アートを楽しむことができます。

奥入瀬渓流ホテル

松本

松本市美術館

草間彌生≪幻の華≫ YAYOI KUSAMA

鑑賞の場、表現の場、学習の場、交流の場を4つの柱とした地域に根ざす開かれた美術館。松本市出身の芸術家・草間彌生の作品展示のほか上條信山や田村一男などの展示室があります。常設展のほかにも年間を通してさまざまな企画展示を行っています 松本市美術館へ

界 松本

現代建築×日本の伝統美が調和した温泉旅館

松本は全国のクラフトフェアの先駆けとも言われる「クラフトフェアまつもと」が開催されることでも有名な工芸の街。「界松本クラフトフェア」では、館内の至る所に松本に縁のある様々な作家さんのアートを展示いたします。現代建築家がデザインした伝統美溢れる界松本の空間を、個性豊かなアートで埋め尽くします。

界 松本

箱根

彫刻の森美術館

1969年に開館した日本で初めての野外美術館。近・現代美術を代表する世界的な巨匠たちの名作を約120点常設展示する。子供たちが遊べる作品や温泉足湯、カフェも併設している。 彫刻の森美術館へ

ポーラ美術館

「箱根の自然と美術の共生」をコンセプトに大部分が木々に埋もれるように建つ美術館。印象派絵画を中心に、洋画、日本画、陶磁器、化粧道具などを展示しています。作品鑑賞の後は、ミュージアムショップやレストラン、カフェでくつろいでいただけます。 ポーラ美術館へ

界 箱根

寄木と暮らす滞在を

箱根の多種多様な異なる色調をした樹々の色や材質の違いをデザインとして使った木工工芸が、江戸時代末期より始まった箱根寄木細工。その寄木細工を、現在の生活に合ったスタイルで提案し、施設内の様々な場所で触れていただく事ができます。

界 箱根