スマートフォンサイトへ

お知らせ

2017年1月6日

【日本の行事・暦】無病息災を願って。七草粥の由来と春の七草

お正月ムードがひと段落してきて、スーパーでは七草粥キットが販売され始めました。1月7日に七草粥を食べる方も多いのではないでしょうか。今回のトピックスでは、七草粥の由来と春の七草についてまとめました。

フーチバー粥

※写真はイメージです。

1月7日は人日 (じんじつ)の節句

一年間に5つある節句「五節句」のひとつです。「七草」「七草の節句」とも言われており、七草粥を食べる風習は今でも残っています。

七草粥を食べるのはなぜ?

前述にある五節句の「節」とは、古代中国の暦法で定められた季節の変わり目のことで、七草粥の風習も、中国から伝わってきたものだとされています。昔の中国では、1月7日に一年間の無病息災を願って、7種類の野菜が入った吸い物などを食べる風習がありました。一方、日本では、年始に、雪の間から芽を出した若菜を摘む「若菜摘み」という風習がありました。それらが相まって、1月7日に7種類の若菜を入れたお粥を食べる「七草粥」になったと言われています。また、近年では、お正月のごちそうで疲れが出はじめた胃腸をいたわる意味合いもあります。お酒やお菓子、おせち料理が続いた後に食べるお粥は、やさしい味が胃にしみわたります。
(参考:日本文化いろは事典

春の七草

七草粥に入れる春の七草は、以下の7種類の植物です。

せり

田の中やあぜ道、浅い溝などの湿地に生える野山の田ぜりは、販売用の栽培されたセリのように白くて長くはないが、香りや風味は多い。日本産ハーブと言えるところです。カルシウム、ビタミンA,B,Cを含み、血圧を下げ解毒作用があり、古来より健胃生薬といわれています。

なずな

市街地の空き地や道端で見かけ、昔は子供達がよく、この穂を鳴らして遊んだところから「ぺんぺん草」とも言われている。なずなは野菜特有のアクがなく、鉄分を含み、貧血ぎみの人や肝臓にもよく、利尿効果があると言われています。

ごぎょう

空き地、道端、あぜなどで見かける。葉や茎に白い綿毛があり、舌ざわりが悪く、食用にしても美味しいものではない。母子草(ハハコグサ)といわれている。鎮咳作用があり、風邪や気管支炎にもよい。

はこべら

はこべ、または「ニワトリグサ」とも言い、平地から山地の道端などにも生えている。利尿効果、止血作用があり、汁で歯磨きすると歯にもよい。あまりアクがないので、お浸し、和え物、バター炒めなどにも良い。

ほとけのざ

田来子(タビラコ)とも言い、水田、あぜに生える。葉はハート形で春に赤紫色の花が咲く。山菜の風味はするが、味はとりたてて良いとは言えない。解熱、鎮痛作用があり、歯痛どめになります。

すずな

蕪(かぶ)のことで、古くから栽培されて葉も根も食用にしている。葉にはカルシウム、鉄分、ビタミンA,C,Kが多く、根にはでんぷん分解酵素が多く含まれている。便秘や胃が重いときの消化を助け、精神を穏やかにするはたらきがある。

すずしろ

大根(だいこん)のことで、エジプトやギリシャでは5000年位前から食用されていた。中国を経て日本へ入り古くから栽培されていた。
かぶと同様、葉には無機質、ビタミン類を多く含み、根にはジアスターゼが豊富である。胸やけ、胃もたれの即効薬で、ひび、あかぎれの予防や風邪や気管支炎にも効く、冬の健康食材の代表といえます。

(引用:兵庫栄養調理製菓専門学校 栄養コラム

星のや竹富島が提供する「草」を使ったフレンチ

【星のや竹富島】9種の命草キュイジーヌ沖縄のリゾート「星のや竹富島」では、島に伝わる9種類の命草を使ったフレンチコース「9種の命草キュイジーヌ」を、2月末まで提供しております。八重山では、ハーブや葉野菜、甲殻類が冬に旬を迎えます。島に伝わる薬草文化をフランス料理の技法でアレンジしました。
■詳細:【星のや竹富島】9種の命草キュイジーヌ

ページのトップへ

SHARE:

FOLLOW US:

Facebook
YouTube
友だち追加
  • English
  • 繁體字
  • 简体字
  • 한국어