スマートフォンサイトへ

お知らせ

2017年10月25日

「クリスマスキャンドルナイト 2017」開催|期間:2017年12月1日~24日の毎週金・土・日、12月25日

軽井沢高原教会では、2017年12月1日から24日の毎週金・土・日曜日と12月25日に、無数のキャンドルの灯りが教会の森を照らす「クリスマスキャンドルナイト 2017」を開催します。「軽井沢高原教会」は、宣教師が拓いた街・軽井沢で、誰にでもひらかれた教会として、今も多くの人々が心を寄せる教会です。2017年のクリスマスは「光」をテーマに、教会前の森がランタンキャンドルで彩られます。

CP【軽井沢高原教会】もみの木ツリー

やさしくあたたかな光
クリスマスイルミネーションと光の十字路
CP【軽井沢高原教会】もみの木ツリー_01
教会前には、クリスマスキャンドルナイトのシンボルである高さ6メートルのもみの木ツリーが、空につながる光のように輝き、ランタンキャンドルとイルミネーションが、あたかかく森を照らします。森の中央には、やさしい光に照らされて「光の十字路」が浮かび上がり、幻想的な雰囲気に。かつての宣教師のように、ランタンで足元を照らしながら森のなかを散策すると、都会とは違う、自然のなかでのあたたかみあるクリスマスに、心のやすらぎを感じます
2017年は装飾デザインに、フラワーデザイナーのニコライ・バーグマン氏が加わり、「光」をテーマにした演出が施されます。

■時間
【イルミネーションと光の十字路】18:30~21:00
【ランタン散策】18:30~21:00
*ランタン貸し出しあり

CP【軽井沢高原教会】2019年11月30日まで使用可_01

アドベントキャンドルを灯す星空式
CP【軽井沢高原教会】光の十字路_01

アドベントキャンドルは、クリスマスの4週前の日曜日から毎週1本ずつ火を灯し、クリスマスを祝う習慣です。1本目のキャンドルは「希望」、2本目は「平和」、3本目は「喜び」、4本目は「愛」の意味があります。「星空式」では、集う人々皆でアドベントキャンドルへ灯りをつなぎます。

■時間:20:00~20:30

祈り、歌う クリスマス音楽礼拝
牧師の講話とゴスペルを組み合わせた音楽礼拝や、ハンドベル、ハープの演奏を行います。音楽を通して祈り、歌う、感動のひとときです。

CP【軽井沢高原教会】ゴスペル_ハンドベル演奏

<毎週金曜・土曜日>
ハンドベル演奏 19:00~、19:20~、19:40~

CP【軽井沢高原教会】ゴスペル_01

<毎週日曜日>
ハープ演奏 18:45~19:00
クリスマス音楽礼拝 19:30~20:00

<12月25日>
ハープ演奏 18:45~19:00
クリスマス特別礼拝 19:30~20:00

想いを届ける クリスマスレター
CP【軽井沢高原教会】クリスマスレター

メールでメッセージを簡単に伝えられてしまう今だからこそ、軽井沢高原教会では、大切な人へ想いを込めて手紙を書く機会を設けています。

「クリスマスキャンドルナイト2017」概要
■期間:2017年12月1日~24日の毎週金・土・日、12月25日
■料金:無料
■場所:軽井沢高原教会(長野県軽井沢町星野)

軽井沢高原教会
1921年より、豊かな自然のなかに佇む由緒ある歴史をもつ教会。大正時代、北原白秋や島崎藤村ら多くの文化人が集った「芸術自由教育講習会」がはじまり。誰にでも開かれた教会の精神は今もなお受け継がれ、毎週日曜日に行われるゴスペル礼拝をはじめ、年間を通して行われる行事には、全国から多くの方々が集います。
■住所:〒389-0195 長野県軽井沢町星野
■TEL:0267-45-3333
 

本件に関する報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL: 03-5159-6323
MAIL:pr-info@hoshinoresort.com

ページのトップへ

SHARE:

FOLLOW US:

Facebook
YouTube
友だち追加
  • English
  • 繁體字
  • 简体字
  • 한국어