ご当地サポーター

五月女ゆり
五月女ゆり
ベテラン栃木女子

界 鬼怒川ではベテランスタッフとしてお手本的な存在。数少ない栃木出身者の1人であり、地元の知識は誰にも負けないものがある。困ったことや分からないことがあると五月女さんに聞けばほぼ解決する程。

界 鬼怒川
日光・奥日光・鬼怒川の紅葉情報【見どころ・渋滞情報】

東京から約2時間。とちぎ民藝が光る木漏れ日の湯宿。全室に益子焼、黒羽藍染など、とちぎ民藝をモダンに設え、うち20室には露天風呂が備わります。

 施設紹介ページ

ご当地サポーター FAQ

日光・鬼怒川エリアのおすすめは(場所、体験、グルメ)?
日光東照宮近くの「日光田母沢御用邸記念公園」。大正天皇のご静養地として、江戸・明治・大正の3つの時代の建築の素晴らしさはもちろん、何と言っても建物から見る庭が素晴らしいです。季節によって、変わる景色は、何度いっても楽しむことができます。
サポーター
住んでいるからこそ知っている穴場をこっそり教えてください
夏から秋にかけておすすめなのが、霧降川沿いの「床滑」という渓流です。本当に穴場といった感じで、整備された駐車場もありません。名前の通り、川の流れによって作り出された、滑らかな岩肌が特徴で、素足で入ると爽快です。足拭き用のタオルを持参してください。
道標
去年、誰とどこに旅行しましたか?
ひとり旅で、車で日本半周くらいしました。スタートは母と草津へ行き、そこで母とはお別れ、その後、長野の松本、石川の金沢と加賀、大阪へ行き、香川、高知の友人の所まで行きました。特に印象的だったのは、本州と四国の間の鳴門海峡大橋、初めてみた渦潮は迫力満点でした。
カバン
休みの日は何をして過ごしてますか?
ドライブです。本当に目的がなく、ただただ車を走らせるだけの時もしばしばです。最近は、群馬方面に行くことが多く、足尾や金精峠を走り抜けています。道の駅で新たな土地の魅力を探すことも好きです。
コーヒー
必ず旅に持って行くものはありますか?
おふろセットです。目的のないドライブには新しい発見があります。発見の中には、温泉も。見つけたとき、入りたいと思ったときに入れるように、タオル1枚は必ず持っていきます。運転で疲れた身体も、帰りはリフレッシュして帰ることができます。
カメラ