子ども連れでも安心!親子で遊ぶ日光・鬼怒川のレジャースポット

日光・鬼怒川といえば、温泉や観光スポット、テーマパークなど楽しめるスポットがたくさんあります。自然が豊かな観光スポットなので、道が舗装されていなかったり、おむつ替えのスペースが無かったりということもあります。旅行先に必要な情報は、事前に押さえておきましょう。
お子様連れでも安心して十分楽しめるスポットをご紹介していきます。

テーマパークで遊ぶ

子ども体験が充実の江戸ワンダーランド(日光江戸村)

日光江戸村の時空

言わずと知れたレジャースポット「江戸ワンダーランド(日光江戸村)」。
遊園地のような乗り物系アトラクションは無いですが、アクティブに過ごせるスポットはたくさんあります。スタッフは全員着物姿で江戸時代の恰好をし、江戸っ子言葉。まさに江戸時代にトリップしたような感覚になります。

入口からすぐのところにある「時空」には、江戸人の衣装がたくさん用意されていて、なりたいキャラクター衣装をタブレットで選べます。大人も子供もここで江戸人に変身。
子ども用の衣装も充実していて、男の子なら忍者や侍、殿様に新選組など着替えたとたんに気分も変身。女の子も姫様や武家娘、町娘など時代劇の世界にいるようで誰でもやってみたい体験です。

施設内の道はほとんどが舗装されておりベビーカーでも楽々。橋があってもまわり道が作られていているので施設内全体を周ることが出来、安心です。

未就学児でも楽しめる「だるまの絵付け体験」

だるまの絵付け
ここには子どもと一緒に遊べるスポットがいくつあります。
手裏剣を投げて忍者気分になれる「手裏剣道場」や、弓の名手になれる「矢場」など大人もつい夢中になります。未就学児でも楽しめるのが「だるまの絵付け」。色合いや表情を考えながら親子で取り組めます。

仕掛けの多い「迷路」は親子でチャレンジするとよいでしょう。週末と夏休みには江戸職業体験を実施(5歳~12歳対象)しており1日20名限定。人気の職業(忍者、岡引、剣術)を求めて親御さんは朝走って予約をしに来ることもあるそうです。

施設の中央には池があり、鯉がたくさん泳いでいます。100円で販売されている餌をあげると一気に集まってきてパクパクと大きな口をあけて食べる姿は子ども達にも大人気です。
夏休みになると不定期ですが、藍染やつまみ細工などの体験もあり、夏休みの自由研究にと、お子様連れで来る方もたくさんいます。

授乳スペースも完備

江戸ワンダーランドの授乳室

乳児を連れた方には嬉しい授乳室やおむつ替え用のベッドなども完備しています。施設内には休憩スペースが設けられているのでいつでも一休みできるのもありがたいです。テーブルにはお子様の安全にも配慮してテーブルガードが取り付けられています。
※授乳室前は砂利道となっているので注意してください。

広い駐車場も完備しているので、車でのアクセスや、鬼怒川温泉から東武バスの利用もおすすめです。

基本情報

江戸ワンダーランド(日光江戸村)
  • URL:http://edowonderland.net/
  • アクセス:栃木県日光市柄倉470−2  MAP
  • 電話番号:0288-77-1777
  • 夏期営業時間(3/20 ~ 11/30):9:00~17:00
  • 冬期営業時間(12/1 ~ 3/19):9:30~16:00
  • 定休日:水曜日(祝日は営業)
  • 入場料金:有料
  • 駐車場:有料

キッズスペース完備の東武ワールドスクウェア

東武ワールドスクウェアのスフィンクス
世界の有名建築物や世界遺産が一堂に集まる鬼怒川温泉周辺の有名スポット「東武ワールドスクウェア」。子どもと一緒にちょっとした世界一周の旅ができてしまいます。

写真はエジプトゾーンのスフィンクス。お子様の身長であれば間近で見ることができるので、いろいろな発見ができることでしょう。
施設内はすべてバリアフリーなのでベビーカーでも安心。無料レンタルもできるので便利です。

足元に見下ろす電車に子どもたちは興奮

東武ワールドスクウェアの電車

この写真は日本ゾーンにある東武電車の駅です。後ろに見える電車は動いています。リアルに作られたジオラマと実際に走る電車が同時に見られて子ども達も釘付けです。2017年7月22日には「東武ワールドスクウェア駅」が開業。それに伴い、ここのジオラマもさらに盛り上がりを見せるのではないでしょうか。

充実のキッズスペース

キッズスペース「縁」
施設内には「キッズスペース縁(ゆかり)」という建物があります。この中にはボールプールや滑り台の他、キッズ用のトイレや、ミルクを作れるように電子レンジと電子ポットが置いてある「みるくキッチン」、授乳室などが揃っているので小さいお子様連れでも安心して過ごせます。

基本情報

東武ワールドスクウェア
  • URL:http://www.tobuws.co.jp/
  • アクセス:栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1  MAP
  • 電話番号:0288-77-1055
  • 夏期営業時間(3/20 ~ 11/30):9:00~17:00
  • 冬期営業時間(12/1 ~ 3/19):9:30~16:00
  • 入場料:有料
  • 駐車場:有料

公園や自然の中の遊び場

「ちびっこ広場」のある日光運動公園

ちびっこ公園の遊具(すべり台)

日光駅から歩くと25分、車で6分ほどの場所にある日光運動公園。
無料の駐車場も完備しているので車でも便利です。野球場やテニスコート、ゴルフ場がありますが、お子様連れで楽しめる「ちびっこ広場」は人気のスポットです。

飽きないたくさんの遊具

ちびっこ広場の遊具

駐車場から歩いて5分ほどのところにある「ちびっこ広場」。
大きなロングローラー滑り台や網を登っていくネットクライミング。竜の卵の形をしたトンネルや土管のトンネルなど、子どもたちが次から次へと走り回って夢中になって遊べる広場です。すぐ近くに公共のトイレも備わっていますが、おむつ替えのスペースなどはないので注意してください。

晴れた日にはピクニック

日光運動公園の休憩所

松の木が生い茂った道を歩いてちびっこ広場へ向かう途中に屋根のある休憩スペースもあります。
お天気が良い日はお弁当を食べたり、一休みするには気持ちの良い場所です。
無料スポットなので、お子様づれには気軽に来られておすすめです。
駐車場のすぐ横には管理事務所があり、カフェも併設されているので一休みすることもできます。

基本情報

ちびっこひろば施設情報

日光運動公園

子どもでも楽しめる「鬼怒川ライン下り」

鬼怒川ライン下り
小さなお子様から大人まで楽しめる「鬼怒川ライン下り」。鬼怒川温泉駅から徒歩5分ほどのところに乗船場があります。大きな岩や形の面白い岩などを眺めながら鬼怒川を船で下り、川の迫力を間近に感じることのできるライン下りは人気のスポット。

川の水しぶきを心地よく浴びながら自然の力強さを感じることができます。
水をガードできるビニールも船に設置してあり、水しぶき除けのビニールを船頭さんの掛け声に合わせて乗客みんなでかぶるのも、一体感があって楽しいものです。

川の真ん中から景色を撮る

ライン下りの船
船の揺れや水しぶき、景色の移り変わりと臨場感たっぷりのライン下りは、思い出に残るフォトチャンスもいっぱい。スマートフォンやカメラには防水カバーをしておくのがおすすめです。鬼怒川の紅葉はとても有名なので、この時期の川からの眺めは格別です。
天候や強風の影響で河川の増減水が生じ乗船できない場合もありますので事前にチェックしてください。

サポーターズコメント
川下りの途中、鬼怒楯岩大吊橋を渡ってる人が見えたり、気づいた人が手をふってくれたり、ラフティングの風景を見れたりと、コミュニケーションがとれるのもおすすめです。

基本情報

鬼怒川ライン下り施設概要

鬼怒川ライン下り
  • URL:http://www.linekudari.com/
  • アクセス:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1414番地  MAP
  • 電話番号:0288-77-0531
  • 営業期間:4月中旬から11月下旬(期間中無休)
  • 駐車場:500円(お戻りは送迎あり)

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。